サナギカメラ

わたしを渡す時

あなたとわたしの事を考える。
あなたの為に、を為すのは難しい。
わたしの為に、を為すのは難しい。

あげると、良いことをした気分になる。
あげたのに、お礼を言ってもらえないと損した気持ちになる。
あげたのに、お礼で返されると、心が通わなかった気がする。

貰ってばかりでは申し訳ない気分になる。
貰ってばかりの人はなんだかズルい気がする。
貰ったばかりでは気が咎めるので、対価を払って心を通わせる事を断つ。

あなたとわたしは、対価を払う事に慣れ過ぎてしまっている。
あげてばかり、もらってばかりではズルい気がするからそれを避ける。
対価を払うと、貸しや、借りの気持ちがなくなる。
貸し借りの心が無い状態は一先ずの所、こころではバランスがとれる。

あいつに貸しがある。
あいつに借りがある。
貸し借りの状態は、精算を先送りにした状態だ。
未来の自分に貸し借りを精算するできれば良いが、
未来の自分が貸し借りを精算出来るかどうかなどわからない。 未来には何があるかわからない。
未来を考えると不安だ。

あなたとわたしの間で交わされる行いとは何か。
あなたとわたしはトレードの関係だろうか。
対価を支払う関係だろうか。
その場その瞬間に貸し借りを無くすべき関係だろうか。

あなたとわたしの間で、対価を払い、納得すればトレードは成立する。
その時、取引は完了する。
あなたとわたしの未来に精算すべきものは無い。
その場、その瞬間に貸し借りを無くす代わりに、
あなたとわたしの未来の精算をする可能性を捨てている。
あなたとわたしの未来に心が通う可能性を捨てている。
あなたとわたしの未来を捨てている。

未来に助けてくれる友達を捨てている。

あなたとわたしの間に心が通うことが無い関係とは歪つだ。
そんな関係を友だちと呼べるかどうか、僕はわからない。
トレードによってだけ成立する人間関係というのは資本主義社会のひずみだ。
その場、その時、気が咎めなくていい代わり、未来を捨てている。

あなたとわたしの事を考える時、
僕は、あげてもお礼で返されたくはない。
貰っても対価を払いたくない。
いつか未来、心が通えばその時、それを嬉しく思う。


ポストカードを作りました。
このポストカードをお手紙としてお送りしたいと思います。

10年後、友達であってくれたら嬉しい。

10年後の良き友であるよう努めたい。

フォームにお送り先をご記入下さい。
©copyright 2021- SANAGI All Rights Reserved.